読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元偏差値38.7の落ちこぼれ受験生@ユリ

現在、偏差値が50以下の受験生限定!たった2ヵ月で偏差値を20上げる方法をご紹介!

たった30秒アレをするだけで4.5倍の勉強量!?

んにちは!ユリです。

 

 

今回は、

『脳をフル回転させる方法』

についてお伝えしていきます!

 

 

あなたは脳をフル活用できているでしょうか?

 

 

ある脳科学者によりますと、

この方法を30秒するだけで

脳に約4.5倍の活動量を

与えることができるそうです。

 

 

4.5倍ですよ!

超簡単なことをするだけで、

周りのライバル達よりも、

4.5倍の差をつけることができます。

 

 

この『脳がフル回転する方法』を使えば、

集中力も確実にあがります。

 

 

そして、

より多くの脳の部分が働いているので、

記憶力も確実に上がります。

 

 

「なかなか暗記ができない…」

と悩んでいたあなたも、

 

 

脳をフル回転させることにより

記憶力はパワーアップするでしょう!

 

 

さらに!

今まで全く手に付かなかった難問も、

 

 

「なんかわからないけど答え出た!」

 

 

とあなた自身の脳のポテンシャルに

驚くことになるでしょう。

 

 

どんどん成績を伸ばしていくあなたに

周りの友達は、

「なんでそんなに成績が上がったの?」

と思わず聞いてくるかもしれません。

 

 

しかし、

この方法を知らないとあなたは、

 

 

「あ、この問題やったことあるのに

 何だったっけ…」

 

 

と大事な試験最中に

緊張した脳は思うように働かず、

 

 

一年以上の受験勉強の努力が

一瞬にして水の泡となってしまいます。

 

 

その後悔を一生後ろめたく感じながら

生きていくことになるかもしれません。

 

 

そんな思いはしてほしくないのです。

 

 

では、

さっそくその方法について

お伝えします!

 

 

〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇

『深くて長い呼吸をすること』

〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇

です。

 

f:id:k-proof-001:20161118132318j:plain

 

脳をフル回転させるには、

きちんと呼吸をして酸素を脳に

到着させる事が大事なのです。

 

 

ストレスや運動不足でいると

浅い深呼吸になりがちで、

受験生は特にその傾向があるようです。

 

 

たとえば、一般的な女性の肺活量は

2000~3000cc

だと言われていますが、

 

 

無意識の呼吸で

入れ替えられる酸素の量は

たった500ccとのことです。

 

 

これでは脳に十分な酸素は

行きわたらないので、

勉強中も脳をフル回転させることは

できませんよね。

 

 

では、ここで

深呼吸の仕方を説明します。

 

 

STEP1

5秒かけてゆっくり息を吸い込む

 

STEP2

5秒間息を止める

 

STEP3

5秒かけてゆっくり息を吐く

 

 

これだけです。

非常に簡単ですよね。

 

 

これを2回繰り返せば、効果は大です。

 

 

勉強する前に

このたった30秒の深呼吸をするだけで

あなたの脳はフル回転し、

 

 

あなたを合格へ導きます。

 

f:id:k-proof-001:20161118132510j:plain

 

4月からは是非、

行きたかった大学で

夢のキャンパス・ライフを送ってください!

 

 

では、この記事を読み終えた最後に、

『深呼吸をしてみましょう』

 

 

STEP1

5秒かけてゆっくり息を吸い込む

 

STEP2

5秒間息を止める

 

STEP3

5秒かけてゆっくり息を吐く

 

 

ですよ♪

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

ユリ

東大生が教える、注目の最強リスニング対策方法

んにちは!ユリです。

 

 

今回は、

私が受験生時代に大変お世話になった、

東大卒の塾の先生から教えていただいた、

 

 

『最強のリスニング対策』

方法をご紹介したいと思います!!

 

 

この方法を知ればあなたは、

 

 

「英語が日本語と同じように聴ける!」

「リスニングは余裕だ!!」

「早くリスニング始まらないかな~」

 

 

と余裕を持つことができ、

リスニングが得意分野になるでしょう。

 

 

センター試験なんかでは

50点満点を取るかもしれません。

 

 

どんどん英語が好きになっていき、

あなたはもう”英語中毒”です。

 

 

逆にこの方法を知らなかったら、

 

 

「何言ってるか全く聞こえない」

「わからんから適当にマーク塗ろ」

「早くリスニング終わってくれ~」

 

 

と、

”リスニング恐怖症人間”

になってしまいます。

 

 

これは非常にもったいない事です。

 

 

リスニング問題は、

『聴こえたら勝ち』なのです。

 

 

頭をフル回転させて

知識を振り絞りながら解く、

なんて労力を使うものではありません。

 

 

ですから、

リスニング問題には

余裕を持って臨んで頂きたいのです。

 

 

では今からその、

『東大生が教える最強のリスニング対策』

をお伝えしていきます。

 

 

その方法とは…

 

 

〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆

『洋楽を書きとる』

〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆

 

ということです!

 

f:id:k-proof-001:20161117020122j:plain

 

洋楽で歌われている歌詞を、

実際に書いてみるのです。

 

 

これを自分の好きな洋楽なんかと

組み合わせてみたらもう最強です。

楽しくなりながら英語も身につくなんて!

 

 

曲はできるだけ、ノリノリで聴ける

ものがいいと思います。

 

 

歌詞もネットで検索すれば

すぐに出てくるものなので、

それを見ながらでもかまいません。

 

 

私も実際に取り組んでいましたが、

一週間も続けると

すぐに英語が頭に入ってくるように

なりました。

 

 

この方法のおかげで私は、

年末まで全く対策していなかったにも関わらず、

 

 

センター試験のリスニングが

50点中 48点。

一問しか間違えませんでした。

 

 

リスニングが苦手な方、

リスニング対策をしてこのかった方、

 

 

今からでも十分間に合います。

 

 

自分の好きな洋楽を聞いて、

リスニング力も上げていきましょう!

 

 

さぁ、あなたも、

『今すぐ洋楽を

 聴いてみてください!』

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

ユリ

どんな授業よりも【18倍】効果がある勉強方法

んにちは!ユリです。

 

 

今回は、

『どんな授業を受けるよりも

18倍効果がある勉強方法』

についてお話していきたいと思います。

 

 

「え?18倍も?」

と思うかもしれません。

 

 

はい。実はきちんと

数字でも証明できるのです。

 

 

この方法を知れば、他の人が

徒歩のようなスピードで進めていく中、

 

 

あなたは

ジェットコースター並みの

勢いで受験勉強を

グイグイ進めていくことができます。

 

 

そしてあなたは短期間で

爆発的に成績を伸ばし、

周りの友達からは、

 

 

「なんでそんなに成績が上がったの?」

「私にもその方法教えて!」

 

 

と頼りにされる

存在になるかもしれません。

 

 

逆に、

この方法を知らなかったらあなたは、

 

 

いつまでたっても成績は上がらず

時間だけが刻々と過ぎ、

 

 

「なんで私はこんな頭が悪いんだ」

「これは遺伝子のせいだ。

 頭のいいDNAが欲しかった」

 

 

と親まで攻めだし、

 

 

周りの友達がどんどん成績が

上がっていく姿を見て、

 

 

「なんであの子だけ…」

と羨ましさと妬みによって

友情関係にもヒビが入ってしまう

かもしれません。

 

 

あなたはそんな事になりたくないですよね。

 

 

はい。では今からお話します。

その勉強方法とは…

 

 

〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆

『他人に教える』

〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆

 

 

ということです。

 

 

まずは、この図を見てください。

 

f:id:k-proof-001:20161117011542j:plain

 

これは

『ラーニングピラミッド』

と呼ばれるもので、

 

 

アメリカの国立訓練研究所が

発表したものになります。

 

 

その名の通り、

学び方のちがいによって

『脳への定着率』

をピラミッド型で表現したものです。

 

 

もう一度学習率を見てみましょう。

『講義』の項目が5%に対して

『他人に教える』項目は90%です。

 

f:id:k-proof-001:20161117011542j:plain

 

これは18倍の効果がありますね。

 

 

さらに、

ピラミッドが下に行くにつれて

能動的に勉強している

ことも分かります。

 

 

『他人に教える』ということは、

自分にとっても学びになります。

 

 

”自分の知識の定着”

にも繋がりますし、

 

もし他人に説明できないところがあれば

”自分の知識の曖昧さ”

にも気づくことができます。

 

 

教わるだけ(インプット)が勉強でなく、

他人に教える(アウトプット)も

大事な勉強方法なのです。

 

 

今日からは是非、

アウトプットを意識した勉強を

していきましょう。

 

 

さぁ、あなたも、

『友達と問題の出し合いを

 してみてください。』

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

ユリ

A判定もE判定も同じ!?受験生がかかる『模試の罠』

んにちは!ユリです。

 

 

今回は、

『模試の正しい活用方法』

をお伝えしていこうと思います。

 

 

受験生ならほとんどの人が受ける『模試』。

 

 

実はこの『模試』、

ある注意点があります。

 

 

「え?模試に注意することなんてあるの?」

そう思うかもしれません。

 

 

この『模試の罠』にかかってしまうと、

ほとんど合格できなくなると言っても

過言ではないでしょう。

 

 

そのくらい重大な注意点です。

 

 

私が受験生だった頃の話ですが、

成績は良く模試でもA判定を取っていたのに、

不合格になった生徒が何人もいました。

 

 

「なんであんなに成績が良かったのに

 あの子は落ちたんだろう?」

 

 

私は不思議でした。

 

 

しかし、思い出してみると

その生徒たちにはある共通点があったのです。

 

 

どんな共通点だったかは

これからお話していきますが、

 

 

とにかくあなたには模試を受けた後、

絶対にしてほしくないことです。

 

 

もしその行動をしてしまうと、

あなたの志望校に合格するチャンスは

グッと下がってしまいます。

 

 

志望校に合格していく友達を

羨ましい目で見つめながら、

 

 

一方のあなたはもう1年、

自宅にこもって受験生活を

送ることになるかもしれません。

 

 

スマホを開けば

キャンパス・ライフを楽しむ同級生たちの

写真が送られてきます。

 

 

そんなの嫌になってきませんか?

そうならないためにも、

模試の間違った罠にかからないように

気を付けましょう!!

 

 

では、説明していきますね。

 

 

落ちた受験生たちがとっていた行動、

それは…

 

 

「模試の判定で一喜一憂していた」

ということです。

f:id:k-proof-001:20161116143203j:plain

 

これこそが『模試の罠』と言えます。

 

 

模試を受けると、

AだのBだのCだの、

勝手に合否判断をされますよね。

 

 

成績が良かったのに

落ちてしまった生徒の特長としては、

「よっしゃ!A判定もらった!」

とはしゃいでいました。

 

 

これこそが合格できなかった理由でしょう。

はっきり言えます。

 

 

『模試の判定は役に立ちません』

 

 

もう一度言いますね。

 

 

『模試の判定は役に立ちません』

 

 

これはなぜでしょうか?

 

 

それは、

『模試の問題とあなたの志望校の

出題形式は全く違う』からです。

 

 

あなたは、模試でA判定を取ることが

目的ではありません。

志望校に合格することが目的です。

 

 

つまり、あなたは志望校の

合格最低点さえ超えていれば良いのです。

 

 

模試でどんなにいい成績を収めたとしても、

本番で志望校の問題が解けなければ

無意味になります。

 

 

ですから、

模試の問題と志望校の問題は違うのに

「A判定だーっ!」

などと喜ぶ人はナンセンスですね。

 

 

逆に言えば、

「E判定でも落ち込む必要はありません」

 

 

模試の本来の役割は、

「受験の雰囲気に慣れる」ことですから。

 

 

実際に周りの受験生たちと

一緒に試験を受ける環境に慣れる

ためにあります。

 

 

そして模試では解答がもらえて

解説もついていますので、

「単なる問題集」として

活用していけばいいのです。

 

 

解けなかった問題などは見直して、

自分のミスを確認すればいいのです。

 

 

模試の意味はそれだけです。

判定が全てではありません。

 

 

ちなみに私はずっとE定でしたが、

志望校に現役合格しました。

お恥ずかしいですが、画像も一緒に

載せておこうと思います。

 

f:id:k-proof-001:20161116143223j:plain

 

このくらい、模試の判定は役に立ちません。

 

 

もしあなたの周りの受験生が、

「見て~!A判定だった!」

なんて自慢されたとしても、

気にする必要はありません。

 

 

「へ~おめでとう」

と軽く流しながら、心の中では

「この子何もわかっていないな」

とクールにあしらいましょう。

 

 

受験に合格する人は、

やるべきことをクールにきちんと

こなしていった人です。

 

 

模試の結果で落ち込んでいる人も、

また、

今までは一喜一憂していた人も、

 

 

今日からは、

「自分の志望校の

 問題を研究しましょう」

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

ユリ

ひょっとして「受験うつ」に近づいていませんか?

んにちは!ユリです。

 

 

そろそろ受験勉強でストレスが

溜まってきている方も

いらっしゃるのではないでしょうか??

 

 

寝る間も惜しんで志望校合格に向けて

猛勉強を続けてる日々…

 

 

夢に向かってひたむきに努力する姿は

美しいものです。

 

 

しかし、

そのひたむきさゆえに心が折れてしまう

危険性もはらんでいるのはご存知ですか?

 

 

その代表的なものが、

『受験うつ』と呼ばれています。

 

f:id:k-proof-001:20161114163520j:plain

 

これは受験のストレスから、

さまざまな心身症状が現れることを指します。

 

 

ストレスを溜めてしまうと、

それが身体にも影響して体調をくずし、

時には危険な病気に発展してしまいます。

 

 

この大切な受験シーズンに

ストレスで身体を壊したくないですよね?

 

 

今回はそんな悲劇を避けるためにも、

強力な『ストレスの発散方法』

ご紹介していこうと思います。

 

 

まずはこの項目を見てみてください。

 

 

  • 勉強を始めても集中力が持たない。
  • 自信が持てず、意欲が湧いてこない。
  • よく眠れない、眠っても疲れが取れない
  • 食欲がわかない、あるいは食べ過ぎてしまう

 

 

もし、このような症状が一つでも

当てはまるなら、あなたは要注意です。

 

 

あなたが今回ご紹介する『ストレス発散方法』

を知らずに放置したままでいると、

本格的な「受験うつ」

移行してしまう可能性があります。

 

 

朝起きるのが苦手になって気付いたら昼。

いざ勉強しようと思っても机とは

たった30分も向き合えず、

またベッドに逆戻り。

 

 

そのまま何もできず

ダラダラしただけの1日が過ぎ、

 

 

その間にライバルたちは

あなたをどんどん追い抜いていくのです。

 

 

親からは

「期待しているから絶対合格するのよ」

なんて言われ続け、

 

 

プレッシャーの重みに耐えきれず、

今度は頭痛や腹痛にも襲われていきます。

 

 

参考書を開くだけで吐き気が

してくるでしょう。

 

 

そしてまた、勉強していない自分に

腹が立ってしまうのです。

 

 

どうでしょうか。

こんな負のスパイラルには、

あなたは陥りたくないですよね。

 

f:id:k-proof-001:20161116032000j:plain

 

逆にこの『ストレス発散方法』

知っていたらあなたは、

 

 

たとえ嫌なことがあっても

すぐに自己処理できる力が身に付き、

ストレスなんて言葉とは無関係の生活です。

 

 

他の受験生がイライラ、ギスギスしている中、

あなたは気にせず自分の勉強に

集中することができるでしょう。

 

 

毎日快眠で朝もスッキリ起きられて、

1日を気持ちの良いスタートで

走ることができます。

 

 

ではそろそろ、その方法を

知りたくなってきましたか?

ここまで読んで頂いたあなたにはお教え致します。

 

 

その『ストレス発散方法』とは…

 

 

〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆

『日記を書く』

〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆

 

ことです!!!!

 

f:id:k-proof-001:20161109122600j:plain

 

この方法、実は書籍『ビリギャル』

主人公のさやかも、

実践していた方法なのです。

 

 

あなたは今まで、

日記を書いたことはありますか?

 

 

今の時代、日記は手書きだけでなく、

 

 

フェイスブック、ブログ、

ツイッター、とSNSが発達したおかげで、

デジタルでも気軽に日記を

書けるようになりました。

 

 

このように、

いろんなシステムを上手く利用していきながら

上手に日記をつけることをお勧めします。

 

 

実はこの『日記』ですが、

二つのメリットがあります。

 

 

一つ目は、

過去のデータの蓄積

です。

 

 

日記というのは、

 

 

その日頑張ったことや取り組んだこと、

逆に上手くいかなかったことなどを書いて、

蓄積していくことによって、

 

 

「昨日はこの問題ができなかったから

 イラついてしまった」

 「あ、この問題3日前と同じ間違いしてる」

 

 

などと、データ化することができます。

 

 

二つ目は、

感情のはけ口をつくる

ということです。

 

 

受験に関することでもいいですし、

もっと他に感情のままに感じたことを、

吐き出す場所としても使うことができます。

 

 

自分の行動パターンをデータ化してくれて、

感情のはけ口として使える『日記』は、

不安な受験期の支えになってくれるはずです。

 

 

あなたも是非、

『今日から日記をつけてみてください』

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

ユリ

試験当日に訪れるラスボス〇〇に打ち勝つ方法

んにちは!ユリです。

 

 

あなたにお聞きします。

 

 

『緊張』したことはありますか?

 

 

おそらく、ほぼ99.7%の方は

「はい」と答えるでしょう。

 

 

緊張しない人なんていませんよね。

 

 

私も受験当日はひどく緊張しました。

緊張しすぎて何度もトイレに

駆け込んだくらいです。

 

f:id:k-proof-001:20161115204210j:plain

 

もちろん合否の結果の心配もありますが、

 

 

私は今までお世話になった

親や担任の先生、塾の先生などの

顔も浮かんできて、

 

 

『期待に応えないと!』

というプレッシャーにも押しつぶされ、

 

 

もう心臓はバクバク

お腹も痛いし余計な心配事ばかりして

 

 

試験どころじゃありませんでした。

正直、泣きそうでした。

 

 

『緊張』って恐ろしいですよね…。

 

 

ある大学で分析されていたことですが、

受験当日は70%ほどしか力を

発揮することはできないそうです。

 

 

どれだけ実力があっても、

試験本番で発揮できなければ、

不合格になってしまいます。

 

 

今回は、そんな

受験日当日に訪れるであろうラスボス、

『緊張』の和らげ方

お伝えしていこうと思います。

 

 

これを心がけるだけでもだいぶ違って

かなり楽になります。

 

 

この方法を実践することで

あなたは受験当日に今まで通りに

あなたの力を発揮することができ、

 

 

不合格なんてことはまずありえません。

 

 

周りのライバルが、昔の私のように

心臓バクバク緊張している中、

 

 

あなたは落ち着いてスラスラと

100%の力を発揮して

志望校に合格するでしょう。

 

 

そして春からは

行きたかった大学の生徒になります!

 

f:id:k-proof-001:20161115204328j:plain

 

そして緊張とは人生に付きものですから、

4年後の就活でもこの方法を実践することで、

 

 

あなたは面接やグループディスカッションで

100%の力を発揮することができ、

 

 

周りの就活生よりも早く

行きたい会社から内定が貰えるでしょう。

 

 

あなたはこの方法を知ることによって

あらゆる緊張に打ち勝ち、

 

 

人生を成功させることができるのです!

 

 

逆に、この方法を知らないと、

 

 

模試でA判定も取っていて

普通なら合格ラインも超えているのに、

 

 

ガチガチ緊張して思考回路停止。

 

 

ケアレスミスの連発で

いつもなら解けそうな問題まで

間違えてしまいます。

 

 

結果はもちろん不合格

あなたは行きたくない大学に行くか、

もしくはもう1年の受験生活を

余儀なくされてしまいます。

 

 

その後も人生の大事な場面、

たとえば就活なんかでも、

 

 

面接が上手くいかず、

100社応募しても内定は貰えず。

 

 

「就職浪人します」

なんて未来が待っているかもしれません。

 

f:id:k-proof-001:20161115204503j:plain

 

どうですか?

 

 

「そんなの絶対に嫌だ!!!」

と思ったあなた。

 

 

はい。そうですよね。

ではその方法をお教え致します。

 

 

それは…

 

 

〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇

「笑うこと」

〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇

 

 

です!!!

 

 

これは、

一流アスリートなどが実践している方法ですが

 

 

『笑うこと』で緊張をほぐしていきます。

 

 

非常に簡単なことですよね。

 

 

楽しかったことや嬉しかったことを

思い浮かべて、思いっきり笑うのです。

 

 

そうすることによって

あなたは緊張をほぐすことができます。

 

 

さぁ、あなたも今すぐ、

「笑ってみてください!」

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

ユリ

”学歴社会”という名の”ベルリンの壁”にぶつかりたいですか?

んにちは!ユリです。

 

 

今回は、『学歴社会』

ちょっとシビアなお話を致します。

 

 

日本において

受験とはとても重要な存在です。

 

 

「受験に勝利=人生勝ち組」

といっても過言ではありません。

 

 

受験を甘く見てしまうと、

かなり痛い目にあいます。

 

 

私はこの記事を読んで頂いてるあなたを

本気でサポートしたいのです。

 

 

これからお話することは、

『なぜ日本において受験勉強が重要なのか』

ということです。

 

 

これを読み終えたあなたは、

勉強しない自分が怖くなります。

 

 

「やばい、今すぐ勉強しよう」

「絶対にライバルに負けない!」

 

 

と内なるエネルギーが

あなたを動かしてくれるでしょう。

 

 

逆に、これを読まなければ

あなたの将来が危険です!

 

 

100社もの企業に面接へ行き

なんとか内定をもらえたと思ったら、

 

 

休みはほとんどなく週6日12時間労働

残業、残業、残業の日々。

 

 

嫌な上司からは理不尽な命令をされ、

肉体的にも精神的にも限界を迎え、

過労死直前で入院。

 

 

「もうだめだ…」

「何のために生きているのかわからない…」

 

f:id:k-proof-001:20161114163442j:plain

 

あなたは将来、うつ病にかかってしまう

かもしれません。

 

 

 こんな将来絶対に避けたいですよね?

 

 

でしたらこの記事を最後まで

読んでみてください。

絶対あなたのためになりますから。

 

 

さて、今回のテーマは

『学歴社会』です。

 

 

日本の世の中というものは、

全て『学歴』で判断されやすいです。

 

 

あの人は『高学歴』

この人は『低学歴』と…

 

 

『低学歴』なんて言い方をすると、

差別的だと思う人もいると思います。

 

 

そうです。これは差別です。

 

 

『低学歴の人は

社会の中で「差別」されるのです』

 

 

 

高学歴と低学歴では、

同じ「人」とは扱われないのです。

 

 

たとえば、「コンサルティング」

という仕事がありますね。

 

 

それはお客様の企業の経営状態に

アドバイスをするお仕事ですが、

 

 

今も昔も、コンサルティングとは

高学歴生のみの花形職業です。

 

 

社会的地位も高く、

年収〇〇〇〇千万ともらう人もいます。

20代で1000万円も

珍しい話ではありません。

 

 

近年最も成功した経営者の一人である

あのDeNAの創業者も、

実はコンサルティング会社の出身です。

 

 

学歴が重視される仕事は、

コンサルティングに限りません。

 

 

誰もが知っている有名企業、

たとえばサントリー、トヨタ自動車、

ソニー、楽天、NTT Docomo…

 

 

これらの大手企業に入社するには

何が必要だと思いますか??

 

 

真面目さですか?

コミュニケーション能力ですか?

 

 

いえ、違います。

『偏差値の高い大学出身』

ということが最も重要視されるのです。

 

 

将来あなたが、

心から努めたいと思う会社に出会ったとしても

自分の学歴が低いために落とされてしまったら

あなたはどう思いますか?

 

 

それはとても不幸なことですよね。

 

 

でもそれは、受験を甘く見て

安易な選択をしたがために、

起こってしまった出来事なのです。

 

 

 

仕事は40年、続けるかもしれないのです。

 

 

やりたくない仕事より、

自分が心からやりたいと思う

仕事をしたほうが、

 

 

あなたの人生は

よっぽど豊かなものになりませんか??

 

 

だからこそ、

将来やりたいことが見つかった時のために、

高学歴というステータスを獲得してください。

 

 

学歴社会は今後も根強く残るでしょう。

このことを知ったあなたには、

学歴の壁で失敗してほしくはないのです。

 

 

あなたにも、今ならまだ間に合います。

高学歴の道を歩む未来はあります。

 

 

受験戦争に勝ち抜きさえすれば。

 

 

それでは今すぐ、

『あなたが行きたい大学のことを

 想像してみてください。』

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

ユリ