元偏差値38.7の落ちこぼれ受験生@ユリ

現在、偏差値が50以下の受験生限定!たった2ヵ月で偏差値を20上げる方法をご紹介!

【最強】の記憶回路開発方法

 

んにちは!ユリです。

 

 

今回は、あなたが

毎日気持ちよく朝をスタートさせ、

「今日も頑張った、明日も楽しみだ」

と1日を笑顔で終えられる、

 

 

そんな奇跡の方法

お伝えしていきます!!!!

 

 

毎日自分のやるべきことをこなし、

きちんと休憩の時間もとりつつ、

圧倒的な勉強量をこなす。

 

 

そんなパワフル受験生

あなたは今日からなることができます。

 

 

この方法は、試している人は

確実に少数しかいないです。

しかし、脳科学的に証明されています。

 

 

闇雲に暗記してそれを忘れてしまっては、

本当に意味がありません。

 

 

この方法は効率よく暗記します。

 

 

これを知っている人は、

暗記した内容が

粘着力の強いマジックテープのように

なかなか脳から離れません。

 

 

偏差値が低いうちは、

覚えれば覚えるほど

どんどん上がっていくのです。

 

 

偏差値が40→45→50→55→60…

と、右肩上がり間違いなしです。

 

 

馬鹿にしてきた友達も、あなたに

「勉強を教えてほしい」

と寄り添ってくるでしょう。

 

 

担任の先生も、

あなたの右肩上がりの成績に驚いて

「どうやって勉強したの?」

と、聞いてくるでしょう。

 

 

今まで見下されていた分、

清々しくとても気持ちよくなります。

 

 

焦っている周りの友達を見ても、

「この方法をやらないからだよ」

なんて心の中で余裕を持てるわけです。

 

 

だってあなたは

この方法をすることによって

粘着力の弱いマジックテープでは

なくなるからです!!!!

 

 

もし、

このやり方を知らなかったら、

あなたはゆるっゆるのマジックテープです。

 

 

いくら覚えても覚えても、

どんどん頭の中から抜けていきます。

 

 

模試でも成績が伸びず

受験日をそのまま迎え、

 

 

そして不合格になったりするわけです。

 

 

第一志望校には行けず

周りの友達からは見下され

先生にも同情され

親は泣き崩れ…

 

 

悲惨で仕方ないですよね。

 

 

そんなことは全力で避けましょう。

 

 

今からご紹介するこの方法は、

明日からすぐできます。

 

 

是非マスターして

偏差値をグングン上げましょう!!

 

 

 

では、

 

 

 

暗記にはタイミングが重要です。

 

 

つまり、やってほしいことは、

 

 

『朝型になる』ということです。

 

f:id:k-proof-001:20161109214151j:plain

 

これは、脳科学的にも解明されていますが、

 

 

午前4:00から朝10:00までは

脳が活発的に動くので記憶力が向上します。

 

 

さらに、

記憶力だけではなく

集中力もアップするのです。

 

 

記憶力と集中力が共に上がるので、

暗記にはもってこいの時間なのです。

 

 

よく、朝型の人は頭がいいと

聞いたことがあるでしょう。

 

 

あれは間違っていないのです。

 

 

朝に暗記系をして、その後

数学や理科系の解く問題をすれば

効率が良くなるのです。

 

 

そして就寝ですが、

午後10:00から2:00には

絶対に寝てください。

 

 

22:00~2:00の間は

脳のゴールデンタイムと言われ、

 

 

脳が情報を整理して

記憶として定着させてくれる時間なのです。

 

 

さらにこの時間は、

成長ホルモンが活発に出る時間帯なので、

成長にもよく、次の日も脳がさえて

万全の状態で勉強ができるのです!

 

 

朝型は勉強にとって

素晴らしい流れなのです。

 

 

私はこれこそ、

勉強効率の最強進化形

だと考えております。

 

 

是非、この方法をとってください!

 

 

あなたが偏差値を上げて

模試でいい成績を取って

自信をつけて、

 

 

試験本番も心に余裕をもって受ける。

そして念願の志望校に受かる!!!

 

 

このサクセスストーリーを

是非、突き進んでください!

 

 

さぁ、今から

『今日寝る時間を決めてください』

 

 

目標は、ぜひ22:00ですね♪

 

 

頑張っていきましょう!

 

 

ユリ