元偏差値38.7の落ちこぼれ受験生@ユリ

現在、偏差値が50以下の受験生限定!たった2ヵ月で偏差値を20上げる方法をご紹介!

目標設定が大の苦手な受験生【必見】!!

んにちは!ユリです。

 

 

突然ですが、質問です。

次の項目に当てはまるものはありますか?

 

 

  • 起きたらお昼だった
  • 休憩がてらスマホを触ってしまう
  • 後でやろうと先延ばしにしてしまう
  • 友達と勉強するはずがおしゃべりばかり

 

 

どうでしょう。

ほとんどの受験生の方は

一度は体験してしまうことかと思います。

 

 

「もう二度とこんな失敗したくない」

「後悔して終わりたくない」

 

 

それが今のあなたの気持ちですよね。

私もそうでした。

f:id:k-proof-001:20161111115548j:plain

 

 この記事はそんなあなたのために

書いています。

考えてみてください。

 

 

明日から毎日努力して満足している

自分がいたら、どんなに幸せかと。

 

 

毎日猛勉強して

お母さんやお父さん、友達や先生に、

 

 

「最近頑張ってるね!」

「志望校合格が近くなってきたね!」

 

 

と言われる毎日を送ることができたら?

あなたの人生が180度変わりますよ。

 

 

そんな未来を手にするには、

どうすればいいのか。

 

 

「どうせ努力とか言うんでしょ?」

と思うかもしれません。

 

 

当然努力は必要です。

しかし、あなたが今想像しているよりも

遥かに簡単で行動しやすい内容だと

いうことを断言します!

 

 

あなたになら、必ずできます。

 

 

では、もう一つだけお聞きします。

 

 

あなたは目標を大きく掲げすぎて

きませんでしたか??

 

 

  • 明日は10時間勉強しよう
  • 明日は朝5時に起きよう
  • この参考書を30ページ進めよう
  • 偏差値70目指そう
  • 東大しかいきたくない

 

 

上記のことを一つでも

頭に浮かべて勉強している方。

 

 

危険です。

 

 

「は!?なんで!?」

と思いますよね。

 

 

それには...

 

 

『目標が大きすぎる』

ことにあります。

f:id:k-proof-001:20161111115901j:plain

 

基本的に、勉強が苦手な人は

目標設定が下手です。

 

 

なぜ目標設定が下手だと

受験に失敗してしまうのでしょうか。

 

 

それは、人は挫折を味わうと

歩みを止めてしまうからです。

 

 

目標を大きくしすぎて、

「なんて自分は愚かなんだろう...」

「こんなんじゃ絶対合格できない...」

 

 

と考えてしまうからです。

 

 

私が受験生の時もそうでした。

 

 

土日は早起きして

朝6時から夜10時まで

16時間勉強しよう!

 

 

と無謀すぎる目標を設定し、

気合を入れたものの当日寝坊。

 

 

「私はなんてバカなんだろう...」

そう思い、後悔ばっかりして

自分が嫌いになってしまった

こともあります。

 

 

このように人間は、

自分の立てた目標を達成できないと

ひどく落ち込み、

 

 

最悪の場合諦め、

悪い方向に流されてしまう傾向があります。

 

 

もし、

上手な目標が設定ができさえすれば、

今日からあなたは絶対に変われます。

 

 

これが習得できれば、

あなたは”無敵受験生”です。

 

 

そのノウハウをお伝え致します。

まずは...

 

 

 

 

 

〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆

『目標を3つに分ける』

〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆

 

ことを意識しましょう。

 

 

どのように分けるのか、

説明していきます。

 

 

目標1

 

「これだけは絶対に達成できる」

という目標を立ててください。

 

「何があっても絶対できる」

というものです。これが大切です。

 

 

目標2

 

「まぁ頑張ればいけるかな」

という目標を上乗せで設定してください。

 

 

目標3

 

「めっちゃ頑張ったらできそうかも」

という究極の目標を、

さらに上乗せで設定してください。

 

 

このように目標を設定することで、

 

 

目標1を達成した快感で

目標2へ。

目標2を達成した快感で

目標3へ進むことができます。

 

 

あなたは毎回、目標3だけを

設定してしまいがちなので、

目標1すら達成できずに

終わってしまいます。

 

 

例えば、

目標1→朝10時に起きる

目標2→朝8時に起きる

目標3→朝6時に起きる

 

 

といった感じです。

 

 

たとえ10時に目が覚めても、

目標1は達成しているので、

 

 

あなたは目標が達成した快感を味わい

罪悪感にもさいなまれず、

 

 

「次は目標2を達成しよう!」

とポジティブな行動ができようになります。

 

 

あなたが本気で変わりたいのなら、

項目別に目標を3つ立てられたら

良いのです。

 

 

これだけであなたの成績が上がり、

他のライバルより先へ進むことができます。

 

 

さぁ、あなたも今すぐに。

「明日起きる時間の目標を

 3つ立ててみましょう!」

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

ユリ