元偏差値38.7の落ちこぼれ受験生@ユリ

現在、偏差値が50以下の受験生限定!たった2ヵ月で偏差値を20上げる方法をご紹介!

【注意】あなたは意味のない勉強をしていませんか?

んにちは!ユリです。

 

 

今回は、『本当に身になる勉強方法』

についてお伝えしていこうと思います。

 

 

世の中には様々な勉強方法があります。

もしかしたらあなたにも独自の勉強方法が

あるかもしれません。

 

 

しかし、

「ちょっと待った!」です!

f:id:k-proof-001:20161113015631j:plain

 

中には全く身にならない勉強方法が

存在するのをご存知ですか??

それなのに本人は気づいてない

場合があるのです。

 

 

「勉強はしているのに、

 問題が全然解けない...」

 

 

そう感じたことはありませんか?

これは”要注意”です。

 

 

せっかくあなたの大切な時間をかけて

勉強をしているのに、

全く身になっていない可能性があります。

 

 

このまま間違いに気づかず進み、

入試本番を迎えてしまったら大変です。

 

 

時間をかけたはずなのに、

結局何も身についていないままで、

いざ試験問題を開いたら頭は真っ白。

 

 

「こんなに難しい問題解いたことない…」

 

 

そんなことを思いながら時間だけが過ぎ、

試験監督が言い放ちます。

「試験が終了しました。回答やめ。」

 

 

こんなに悲しい試験はですよね。

受けるなら後悔はしたくないはずです。

 

 

あなたが、『身になる勉強方法』

さえ理解していれば、

そんなことにはなりません。

 

 

時間お金も、

効率良く使えるようになります。

 

 

「え?お金も?なんで?」

 

f:id:k-proof-001:20161113015828j:plain

 

そう思った方もいるでしょう。

 

 

はい。説明していきますね。

その時間もお金も効率よく使える

『身になる勉強方法』とは...

 

 

〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆

『一つの問題集をしっかり

終わらせてから次の問題集に移る』

〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆

 

という方法です。

 

 

あなたに一つ質問をします。

「今までどれくらいの問題集や参考書を

 買ってきましたか?」

 

 

問題集だけ買いまくって、

全部途中までしか終わってない。

 

 

なんてことになっていませんか?

 

 

友達が

「この問題集良かったよ!」

と言ったからとりあえず買う。

 

 

本屋で良さそうな問題集を

見つけてしまったから、

とりあえず買う。

 

 

「だけど全然やってない...」

 

 

それは問題集だけが増えていて

知識は増えていません。

 

f:id:k-proof-001:20161113015914j:plain

 

逆に、次のパターンも危険です。

 

 

「自分はこの問題集1冊しかやらない!」

 

 

1冊をやりこむことは本当に大切です。

しかし、他の問題集を一切解かなくていい

ということではありません。

 

 

同じレベルの問題集だけ

解くことも意味がありません。

 

 

問題集は、最低でも

基礎と応用の2冊を

最後までやりこみましょう。

 

 

それでも余裕があるときだけ、

次の問題集を買い足してみてください。

 

 

「やり込む」というのは、何週もして

その問題集に出てくる基本的解法を

全て覚える、ということです。

 

 

これがまだできてないうちは、

問題集を買い足さないでください。

 

 

こうすることで勉強が確実に身に付き、

時間お金も効率的に使うことができます。

 

 

まずはあなたも、

「やり込む問題集を

 一つ決めてください」

 

 

そうすることで周りのライバルより

必ず一歩、前進します!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

ユリ