元偏差値38.7の落ちこぼれ受験生@ユリ

現在、偏差値が50以下の受験生限定!たった2ヵ月で偏差値を20上げる方法をご紹介!

"ムスカ大佐”は志望校に合格します。

 

f:id:k-proof-001:20161114012756j:plain

 突然ですが、質問です。

 

 

「ムスカ大佐をご存知ですか?」

 

 

ジブリの名作、『天空の城ラピュタ』

に出てきたキャラクターです。

 

 

ちょっと古いアニメですが、

ジブリの代表作として

非常に人気の高いアニメですよね。

 

 

その中でも有名で人気のキャラクター、

絶対的な悪役、『ムスカ大佐』。

 

 

この『ムスカ大佐』は、

なんと志望校に合格できる

ある気質を持っているのです。

 

 

まずはどんなキャラクターだったか

おさらいしてみましょう。

 

 

彼は、

自分の欲望のために動き

人を見下し傷つけ殺すことをいとわない

完全な悪い人間です。

 

 

もし『ムスカ大佐』が東大に合格していたら、

 

 

「見ろ!人がゴミのようだ!」

と他の大学生をあざけり笑うことでしょう。

 

 

でもなぜ、こんな『ムスカ大佐』が

合格すると言えるのでしょうか。

 

 

それは、彼が王族の血筋だからでもなく、

頭の切れる男だからでもありません。

 

 

ですが、

あなたも『ムスカ大佐』のようになれば、

きっと勉強のやる気に火がついて、

偏差値はガッツリ上がるでしょう。

 

 

「なんでムスカ大佐が合格するの?」

 

 

そうですよね。

気になってきましたか??

 

 

その理由はこうです。

 

 

〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇

『ひたすら人を見下している』

〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇◆〇

 

 

「人がゴミのようだ!」

の名言があるように、ムスカ大佐は

他の人間をひたすら見下しています。

 

 

自分こそが世界の頂点に立つ人間だ。

 

 

かなり狂っていますね。

 

 

しかし、受験生のあなたには

こんな感情も大きなパワーとなるのです。

 

f:id:k-proof-001:20161114013330j:plain

 

「人を見下してまで勉強はしたくない」

という心優しい受験生のあなた…

 

 

しっかりモチベーションを上げて

志望校に必ず合格したいのなら、

綺麗事ばかり言わないでください。

 

 

受験はスポーツと同じです。

 

 

点数が取れた学生は良い大学に行き、

点数が取れなかった学生は

無名の大学しか行けないのです。

 

 

大学に定員数は決まっています。

何としてでもあなたはその

定員内に入らなければいけないのです。

 

 

これは弱肉強食の世界です。

 

 

とはいえ、仲の良い友達に

暴言や八つ当たりをしろという

ことではありませんよ。

 

 

スポーツには

スポーツマンシップがあるように、

受験においても正々堂々と戦いましょう。

 

 

「見下す」ということは、

あなたがその人たちより上である、

という自覚が必要です。

 

 

つまり、あなたは見下した人たちよりも

 

「高い偏差値をキープし

 毎日必死に勉強し、

 自分の志望校に必ず合格」

 

するようでなければいけません。

 

 

そうです。人を見下すことによって

自分にハードルを作り、

追い込むことでやる気に変換されるのです。

 

 

実は周りのライバルたちも、

基本的に周りを見下し自分が優位だと

思っている可能性大ですから。

 

 

あなたも心の中でひそかに

人を見下すことによって、

自分が上に立たなければならない

理由ができるので、

 

 

ライバル達よりも

勉強をガツガツ進めたくなるでしょう。

 

 

試しにあなたも、

『ラピュタの王』になった気分で

目標を達成するために努力してみませんか?

 

 

あなたの勉強へのモチベーションは

爆発的に上がり、バルス以外では

打ち砕けなくなってしまいますね。

 

 

さぁ、あなたも一度騙されたと思って

『ムスカ大佐を

 イメージしてみてください』

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

ユリ